名刺入れが与える印象と役割とは

名刺イメージ

名刺を使うということは、社会人にとってなくてはならないものです。

自分自身を表すものを、相手にお渡しすることになるのですから、粗相があってはなりません。

自分を知ってもらうための第一歩が、名刺だということを肝に銘じなければいけないのです。

この名刺には、名刺入れが必要になります。
本来手渡しするものではなく、名刺入れの上におき相手に渡すことが礼儀となるのです。
これは、もともと名刺盆というものがあり、その上において渡していたものが、名刺入れに差し変わっていったものだからなのです。
ですから、ただ名刺をしまうために存在しているのではないのです。

名刺入れというと、必ず黒でなければいけないと思っている人も多いものです。
普段はスーツの胸ポケットから出すものであり、その時に違和感を覚えないようなカラーであれば問題はないでしょう。
例えば、デザイン系の人であれば、名刺入れの選び方ですら、相手は見ています。
あまり派手なものでは問題もありますが、さりげなく個性を感じさせるようなものにしておくことも大切になるのです。
女性の場合にも同様で、あまりカラフルなものではなくとも、個性を見せられるものを用意しておくといいでしょう。

素材も気を付けておくと、さりげなく個性が見え隠れします。
革製のものがスタンダードではありますが、金属製のものや木製のものもあります。
革以外のものは、収納数が少ないため、自分の名刺入れと受け取ってからしまうためのものと二つにしてみるのも方法になります。
こういった工夫も目に付くものですから、いかに相手に印象付けようかと迷っているときには、思い切ってやってみるのもいいでしょう。

ページの先頭へ