名刺交換は礼儀を守って自分を覚えてもらう

名刺交換イメージ

社会人として、名刺交換はしっかりできなければいけないでしょう。

ですが、いざ渡さなければいけないとなると、うまくできていない人も多いものなのです。

名刺を出す際には、まずは汚れていないものを選ばなければいけません。
そのため、事前に確認しておくことが大切です。
名刺入れの上に自分の名刺を置き、確認してから相手のほうへ回転させ差し出しましょう。

差し出す時には両手が基本ですし、受け取る時も同様ではありますが、同時になってしまうこともあります。
その際には相手の左手側にだし、相手の名刺は名刺入れの上で受け取るようにします。
手が空いた瞬間には、両手になるように添えることが大切です。

もう一つ気を付けておくことが、渡す高さの問題です。
出す時には訪問者や立場が低いほうが先に出しますが、先に出すほうは相手よりも高さを下げて出しましょう。
ちょっとしたことではありますが、こういった気づかいは相手もよく観察していると心得なければいけません。

【PR】名刺・ショップカードの作成/印刷【スピード名刺館】

受け取った名刺は、机の上に名刺入れを置いて、その上におきます。
もしも、複数受取った場合には、机の上におきましょう。
相手の役職を確認できるようであれば、その順におくことも大切です。
スペースがあるのにもかかわらず、内容も確認せずにしまい込んでしまうのは決してやってはならないことです。
どうしてもしまわなければいけない場面では、両手で持って軽くお辞儀をし、締まってしまうことを謝辞するようにするといいでしょう。

ページの先頭へ