名刺をいただいて折り返しの連絡を入れるときにどうするか

名刺交換イメージ

名刺をいただいた場合、折り返しお電話することは珍しくありません。
その際には、どういった切り出し方から話していけばいいのか、よく考えなければいけません。

対応一つで、相手先を不快にさせてしまうことにもつながってしまうものなのです。

連絡をする際には、必ず自分の名前から名乗ります。
これは、連絡を入れる際の最低限のマナーだといえるでしょう。

名刺をいただいたことに関して、一言ありがとうございましたという言葉を添えることが大切です。

この時に、いつお会いしたかわかるように、具体的な時間をつけていくと、相手も迷わずに済みます。
こういった気づかいをすることが、連絡を入れる際には重要になってくるのです。
これは、電話だけのマナーではありません。
メールなどで返信する場合においても、必ず時間を告げることで、相手に対して誰なのかはっきりさせることができるようになってきますので、重要な記載事項になってくるのです。

決してやってはいけないことは、名刺を頂いて折り返しの連絡にもかかわらず、そのことに触れずにいきなり本題に入ることです。
相手とすれば、いったい誰だかはっきりわかっていない状況で、対応を迫られることになってしまいます。
いきなり本題を切り出されたところで、困惑してしまいますし、不快に感じてしまうのも当然の状況といっていいでしょう。
自分がされたらどうなってしまうのか、一度振り返ってみてみると、どうやって対応するべきかはっきりと見えてくるものなのです。

ページの先頭へ